とらとらでひとりいぐも

TigerBalm's diary   ぼぉっと生きてる第2種兼業主婦の独り言

#38息するの忘れる

忍びの国 (新潮文庫)

忍びの国 (新潮文庫)

面白かった!

歴史に明るくないので、最初は名前と所属?がごちゃついて、何度か読み返したりしましたが、息もつかせぬ戦闘シーンが「そんなあほな」と思いつつ痛快すんばらしいのは「村上海賊の娘」と同じですね。血まみれで人死にすぎなんだけど、どこかユーモラスな感じするところも同じ(実際こんなん嫌ですけどねぇ。。。)*1

今は亡き児玉清さんの絶賛あとがき解説もいい(ほかの和田竜作品でも同じように書かれてて、そのときもお人柄が出ている楽しいあとがきでいいなあと思いました)
真田丸」でも、寺島さんや藤井隆演じる”忍び”が目立ってましたね。今日も見なくちゃ。

*1:追:来夏映画になるのね…知らなかった。で、無門が大野くん!大野くんは好きだけど、なんか違う…違うぞ(T-T) ちっちゃい。本の表紙が渋カコイイし、文章からも背高くて痩せ骸骨のイメージがついてるのもあるかな。むしろ私は無門より大膳派なんだけど…と思ったら、そうか〜伊勢谷か〜、高身長だけど細すぎるのと、大膳のまっすぐなとこがちょっと合わないかなぁ。2人とも好きだから観たい気はしますが、るろうに剣心みたいになってまいそうでどうかなぁ(^.^; ま、きっとヒットするでしょう。 鈴木亮平、でんでん、談春、きたろう、マキタスポーツあたりは適役(=^_^=) 石原さとみちゃんは可愛いからいい、信雄が知念くん・・・うーん。いやそもそも血だらけで痛そうなのよう見んのよな。。。