とらとらでひとりいぐも

TigerBalm's diary   ぼぉっと生きてる第2種兼業主婦の独り言

早替わり歌舞伎、観劇はお気をつけて

古典への誘い「三升先代萩

七役を何度も早替わりするのが見どころなんだけど、ストーリーも面白かった。おばちゃんのような初心者にもわかるように、全員にプログラム配布されてて有難かった*1

舞台から消えたと思ったら替わってでてくる、ぐるぐる…なんかこんなのドリフ(8時だよ!全員集合)であったよなーと思い出す、勿論向こうが真似してるんだけど。


f:id:TigerBalm:20210918192937j:image

4年ぶりの海老蔵丈、最近お顔が痩せすぎてるような大丈夫かしら?と思うほど。昨日名古屋、今日神戸、明日大阪で2回公演、なかなか体力要ることだ。その分ちょっとパワーコントロールされてたようにも感じた。

 

陸王など日曜劇場でもおなじみの右團次さんも(その息子さんの右近くんも)出てはります。母と一緒に楽しみました。

 

ただ…今日は後方のお席だったせいかなんなのか、観劇マナーが💦

前のめり。…あ、始まるってときに母がちょっと前に来そうだったので「背中は背もたれにつけとかんと後ろの人が見えないよ。」と言った…のだが、始まったら母の前のおばあちゃんがずっと前のめり(笑)母がちっちゃく指差して恨めしそうに私を見る…わかったよ、タイミングを見てお願いするよ(本人はこれくらいと思ってても、後ろの人にはそのちょっとの角度がものすごく視界を遮る。悪気なくやっちゃってる人には連れの人が教えてあげてほしい。)

そして袋のガサガサ音。プログラムや他の公演のチラシが入ってるパリパリ袋の音がずっと聞こえるのは何故(涙)プログラムを見たいならお膝に置いておけば音はしないと思うんやけど、取り出してしまって取り出してしまってを延々やってるのか、それとも飴とか取り出してるのだろうか。1.2回ならともかくずっとガサゴソしてる、台詞の邪魔だー。お芝居味わえないよ*2

あとで母に「もしかしてばーちゃん達にはあのガサガサ音が聴こえないんだろうか」とぼやいたおばはんであった。あの人たちは海老サマさえ見れればそれでいいのか。

次に、お喋り。真後ろのおばちゃん2人が公演中に結構喋る😭

そしてあるある、ケータイ*3

政岡が子を殺されるシーンで「ぶーん、ぶーん、ぶーん、ぶーん」え、今鳴らす?*4。大詰の仁木弾正出てくるシーンではかなり前方の席で「ぴりりりり、ぴりりりり、ぴりりり♪」もはやバイブですらないw

 

…というわけで、なかなか酷かったです(笑)母に言わせれば、ババア集まれば(勿論本人もババアである)あんなもんよと。そうですかー。

 

ま、楽しかったーと喜んでくれたし、いい。

帰りの電車で母が(演じ終わって即衣装を外し、口上用の裃姿になるところ)「あれ、なんともエエ色やなぁと思たわー」と…同じや😄私もおぉ💕ええ色ー、かっこいい✨と思ったわ*5

細いから悪役仁木弾正が一番似合ってた。声より、姿とオーラで魅せるというのもあるかな。あれだけのことこなすの大変やろなー、役者さんにもスタッフさんにも拍手👏。

 

 

公演前のランチ、10種のお惣菜。1150円。ご馳走様。

f:id:TigerBalm:20210918192943j:image

 

さて、尾身サンのインスタライブ見てみよかな。

 

 

*1:コロナ対策でグッズ販売しないので配布しているのだと思う

*2:おばちゃんは、バッグごと大きなエコバッグにくるんで足元に置いてしまいます、お膝にはオペラグラスとプログラムくらい

*3:母に「電源切ってね」というと「どこかわからん」という...ガラケーってどうやって切るんだっけ?と探し、オフにしてあげました(^-^;

*4:このホール携帯電話抑止装置が有った筈なんだけど、もしかしたらコロナ対策で使えなかったのだろうか

*5:あれは海老茶色なのかしら…と思ってぐぐると、團十郎茶というのがあるそうだ

オリバーな犬

混沌だけど、

池松くんもオダジョーもすきやし、

瑛太!笑う笑う。

柄本さん松重さんになにさすねん😄

 

よくこんだけ集まってわけのわからんことやってるなと。俳優同士のノリなのか、NHKドラマらしくていい。

 

キントリの最終回、朝ドラエールの子役ちゃんが良かったです。

ハコヅメ、永野芽郁ちゃんはこういう役ははまるんやねーほんま、いつまで出来るかというのはあるけど。面白かった。結局お父ちゃん出てこんのかいな、と思った最終回でした。

ナイトドクター最終回はあまり記憶に残らなかった。

 

 

SONGSのサザンも面白かった。ボウリング振興に努める桑田さん、歌は相変わらずサザン節なんだけど、病気されてまたこうやって歌われてるのは凄いことやと思う。昭和歌謡の男と女がほんのり、今の歌になってるとこがいいな。